ザ・芸能ニュース

ザ・芸能ニュースは、芸能人・アスリートの気になる話題をまとめたブログです。

    カテゴリ: スポーツ


    ロンブー田村淳が政治ツイートやめた理由「番組降ろされたから」 - livedoor
    田村淳が6日のラジオで、Twitterで政治的発言をしなくなった理由を明かした。竹島問題をつぶやいたことが原因で、決まっていた番組を降ろされたと告白。圧力をかけられる ...
    (出典:livedoor)


    田村 (たむら あつし、1973年12月4日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、作家。ロンドンブーツ1号2号のボケ担当だが、近年はツッコミ担当をしている。本人は著書の中で「僕はもうネタ見せをする事も、舞台に上がることもないので芸人ではなくなった。」と述べている。相方・田村
    38キロバイト (5,441 語) - 2019年7月11日 (木) 14:07



    (出典 image.news.livedoor.com)


    こういうやり方を統一すれば良い
    なかなか難しいと思うが…

    1 ひかり ★ :2019/07/12(金) 18:06:43.56

     タレント業のほか、事業家としての顔を持つお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(45)が、言語学習システムの開発に着手することになり、
    支援募集を行うクラウドファンディングの関連サイト上で“本業論”のほか、自身の“人脈ネットワーク”について持論を述べた。

     淳は自身が取締役を務める教材開発・販売会社「DEFアニバーサリー」の創業メンバーとインタビューに応じ、コメントを掲載。タレント業以外に
    ビジネスに取り組む本質的理由について「僕にとっては、タレント業も、婚活パーティも、英語スクール事業も、どれも“本業”なんですよ。この英語スクール事業は
    “副業”ではないです。あくまで興味のおもむくままに、やりたいことをやっているだけ。もちろん、奥さんと娘がいますからタレントでちゃんと稼げていることが前提ですけど」
    と語った。

     自身の強みについて「人と人をつなげる力じゃないですかね。僕は芸能界に固執していないのでいろんな会社の人とつながりをつくっていける。
    これが僕の強みだと思います」といい、「僕、同業者の芸人とはほとんど飲みに行かないんですよ。飲みにいくのはほとんど経営者とか、芸人じゃない変わった人たち。
    よく、“淳さん、こんな人知らないですか?”と相談されて、その人に合った人を紹介してあげている。それで事業が始まることもあります。あ、でも今の御時世だと“それ、
    入江くんのイリエコネクションと何が違うの?”って言われそうだけど、そこは全然ちがう(笑)」ときっぱり。

     最近では闇営業問題が明るみになったが、淳は「本当にクリーンな人としかつながらないようにしています。交換した名刺は、一枚残らず吉本興業に
    反社チェックしてもらってますから。それくらい徹底しています」と、自身のチェック方法を明らかにし、
    「今の時代だからこそ、それは特に強調したいですよね。僕は昔からこういう立場だからこそ、すごく気をつけてます」と強調した。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000178-spnannex-ent


    【ロンブー・田村淳、もらった名刺はすべて会社にシロか確認してもらう】の続きを読む


    吉田沙保里の下着広告に陰湿バッシング…女性からは応援の声 - 女性自身
    【女性自身】元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(36)が下着モデルに初挑戦し、話題を呼んでいる。ワコールのインナーウェアブランド「Date.」のモデルに起用された ...
    (出典:女性自身)


    吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    32キロバイト (3,936 語) - 2019年7月2日 (火) 00:04



    (出典 urara-world.com)


    なぜやろうと思った…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/04(木) 19:28:57.01

    元女子レスリング日本代表の吉田沙保里(36)が下着モデルに初挑戦し、話題を呼んでいる。

    ワコールのインナーウェアブランド「Date.」のモデルに起用された吉田は7月1日、《本日解禁! シンクロブラのモデルに初挑戦! 撮影に向けて身体作りをしたり、気合いを入れて挑みました》とツイート。ブラを着用した写真を披露した。

    このツイートに《ブラ、とっても似合っててキレイです!》《健康的な美しさに、惚れ惚れしてしまいました》と、絶賛のリプライ(返信)が数多く寄せられた。

    一方で《なにを血迷った》《きつい》《世間とずれてる》といった陰湿なリプライや、男性によるセクハラまがいのツイートも目立った。

    この事態に、女性たちからは怒りの声が上がっている。

    《そもそも女性の下着広告は男性の為ではなく、女性のものでは???》
    《吉田沙保里さんに興奮しないとか言っている男性がいるみたいだけど、自分がお金を出してブラジャーを買うわけではないのに、知ったこっちゃないわな》
    《下着もそれを身に付ける人もお前のご機嫌とる為に存在してる訳じゃねぇんだわ》

    また、女性からは《華奢さが良いとされる文化のなかで綺麗の幅を広げていて勇気付けられる》《いろんなことにチャレンジされて、なにより生き様が素敵です》といった、吉田を応援するリプライも相次いで寄せられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16722672/
    2019年7月4日 18時1分 女性自身


    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    (出典 prtimes.jp)


    (出典 prtimes.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    【下着広告が不評!?吉田沙保里、陰湿バッシングwwwww】の続きを読む


    吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    32キロバイト (3,883 語) - 2019年6月3日 (月) 10:51



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    もうやめてくれwww

    1 湛然 ★ :2019/07/02(火) 04:21:43.84

    2019.7.2 04:00
    これが霊長類最強肉体美!吉田沙保里さん、下着モデルに初挑戦「最強の一枚」
    https://www.sanspo.com/geino/news/20190702/geo19070204000016-n1.html

    さわやかな笑顔で新作ブラをつけてポーズをキメる吉田さん。女らしさが増した

    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sanspo.com)



     1月に現役を引退したレスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)がワコールのブランド「Date.」の製品「シンクロブラ」で下着モデルに初挑戦したことが1日、分かった。

     青いシャツをはだけさせ、笑顔でブラジャーを見せるカットで、鍛えられた肉体が印象的だ。

     現役引退後、指導をはじめ、ラジオやテレビに出演するなど幅広く挑戦する姿が、ブランドコンセプトの“女を楽しむ”に重なり、起用された。

     吉田さんは「レスリング引退後、最大のチャレンジです。試合とは違った緊張感がありましたが、“最強の一枚”となりました」とコメントを寄せた。2日から公式サイトや店頭、パンフレットに登場する。

    (おわり)


    【【恐怖画像】吉田沙保里が下着モデルに…霊長類最強の肉体wwwww】の続きを読む


    中日ドラゴンズ > 燃えよドラゴンズ! 「燃えよドラゴンズ!」(もえよドラゴンズ)は、プロ野球セントラル・リーグ・中日ドラゴンズの応援歌。略称燃えドラ。 作詞・作曲を担当した山本正之の作曲家デビューを飾った曲でもある。 1974年にCBCラジオの生ワイド番組『ばつぐんジョッキー』に山本正之が本曲の
    50キロバイト (4,333 語) - 2019年6月22日 (土) 02:04



    (出典 sp.chunichi.co.jp)


    球宴に誰も選ばれないとか可哀想だな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/28(金) 11:26:06.44

    残念な結果だった。
    今年のプロ野球オールスターゲーム、ファン投票の結果が発表された。12球団で唯一、中日ドラゴンズからは1人も選ばれなかった。

    首位打者も最多勝も選ばれず
    今季のドラゴンズは現在リーグ5位、しかし個々の選手は成績を残している。
    ファン投票結果が発表された6月24日16時の時点で、高橋周平選手が「首位打者」、柳裕也投手は「最多勝利」、大島洋平選手は「盗塁王」、そしてジョエリー・ロドリゲス投手は「最多ホールド」。さらにその夜に横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手に抜かれたが、鈴木博志投手も「セーブ王」だった。5冠のドラゴンズ選手たちが誰も選ばれなかった残念な現実・・・。高橋選手は三塁手の3位、柳投手は先発の9位だった。

    なぜファン投票に弱いのか?
    もともとドラゴンズは、ファン投票に強いチームではない印象がある。勝っても負けても贔屓チームを応援したり、組織票を駆使したり、他の球団にありがちなファン体質が伝統的にないためかもしれない。だから爆発的な票が入ることはこれまでもあまりなかった。
    ドラゴンズファンの「基礎票」に加え、そのシーズンで全国のプロ野球ファンからも熱い思いを受けるドラゴンズ選手に送られる「浮動票」が上積みされて、ファン投票1位に選ばれてきたと分析する。
    過去20年間に目を向けてみると、延べ13人のドラゴンズ選手がファン投票1位だった。この内の最多選出は2人、岩瀬仁紀投手と井端弘和内野手でそれぞれ3回ファン投票で選ばれている。それに福留孝介選手(現・阪神タイガース)が選出2回で続く。いずれも「基礎票」に加え「浮動票」も獲得できる“チームの顔”だった。
    2018年シーズンは、ドラゴンズブルーのユニホームを着て、けがからの復活を遂げた松坂大輔投手の1位選出が記憶に新しい。これも全国のファンからの後押しだろう。

    与田と川上・強烈なオールスター戦
    ファン投票1位に選ばれた竜戦士の内、強烈な印象を残した投手が2人いる。
    まず現在ドラゴンズを監督として率いる与田剛さん。ルーキーだった1990年(平成2年)、抑え投手だったにもかかわらず投手部門の1位で選ばれた。当時は現在のように先発、中継ぎ、抑えと3部門に分かれてはいなかったが見事ファン投票1位。与田投手は第2戦にパ・リーグのファン投票1位だった近鉄バファローズの野茂英雄投手と先発対決を果たした。
    もうひとりは川上憲伸さん。こちらもルーキーイヤーの1998年にファン投票1位で出場。第1戦が本拠地ナゴヤドームだったこともあり先発し、3イニングを2失点に抑えて見事その試合のMVPを獲得した。新人投手がMVPに選ばれたのは史上初という快挙だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010000-cbc-base
    6/28(金) 10:10配信


    【【悲しい現実】中日ドラゴンズ、人気のなさが露呈してしまうwwwwww】の続きを読む


    岡崎 聡子(おかざき さとこ、1961年1月13日 - )は、東京都出身の日本の元体操選手、元タレント。 國學院高等学校在学中の1976年の全日本体操競技選手権大会、NHK杯体操選手権で優勝する。オリンピック代表に選ばれモントリオールオリンピックの体操競技に15歳で出場を果たした。
    10キロバイト (1,152 語) - 2019年6月19日 (水) 16:45



    (出典 www.solve--solve.com)


    薬やってるなら交番行くなよな

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/06/19(水) 15:15:10.68


    (出典 img.5ch.net)

    これまで薬物事件で複数回逮捕され、実刑判決を受けた元オリンピック体操選手の岡崎聡子被告が、
    覚醒剤を使ったとして、逮捕・起訴されていたことがわかった。

    元オリンピック体操選手の岡崎聡子被告は、2019年4月下旬、落とし物をしたとして
    東京・杉並区内の警視庁の交番を訪れた際、様子がおかしかったことから、警察官が調べたところ、
    覚醒剤を使っていたことが発覚したため、緊急逮捕された。

    岡崎被告はその後、起訴され、現在は勾留中。

    岡崎被告は、モントリオールオリンピックの体操日本代表だったが、これまでに覚醒剤などの
    薬物事件で複数回逮捕されていて、実刑判決を受けていた。
    https://www.fnn.jp/posts/00419490CX/201906191155_CX_CX


    【【逮捕】元体操選手・岡崎聡子、落とし物をしたとして交番に訪れるも様子がおかしく…】の続きを読む

    このページのトップヘ