ノンスタ井上、吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ事故に複雑「残念です」
ノンスタ井上、吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ事故に複雑「残念です」  インフォシーク
(出典:インフォシーク)


NON STYLE (ノンスタイルからのリダイレクト)
NON STYLE(ノンスタイル)は、石田明と井上裕介による日本のお笑いコンビである。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社所属。2000年5月14日に結成。出囃子はKEMURIの『prayer』。 爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。
72キロバイト (10,480 語) - 2018年8月29日 (水) 12:00



(出典 storage.mantan-web.jp)


こいつは何言ってもえんじょうするな

1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/10(月) 07:59:20.42

NON STYLEの井上祐介(38)が自身の”ひき逃げ過去”を棚に上げ、吉澤ひとみ(33)を非難し、視聴者から疑問の声が上がっている。

井上は9月7日、『Abema Prime』(AbemaTV)に出演し、6日にひき逃げと酒気帯び運転で逮捕された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ(33)について、
「自分を含めて芸能界で(自動車)事故を起こしてしまった人間がいるのに、反面教師として良くないものだと伝わってなかったのか」とした上で、「ファンとしても残念です」と語った。

これに対しSNSメディアや掲示板では「1年半でもう他人事ですか」「事務所の力で早期復帰したお前の方が悪質だろ」など厳しい批判が飛び交っている。

「井上は16年12月に、世田谷区でタクシーに接触事故を起こし、そのまま逃亡するという”ひき逃げ”事故を起こしてます。
井上は当初『事故を起こしたことが世間に知られたら、大変になると思った』と警察の事情聴取に答えたにもかかわらず、
その後、一転して『接触時は事故だという認識はなかった』と男らしくないコメントを発表。
相手が入院するほどの衝撃だったのに気づかない筈がありません。しかも、大手事務所の力で3ヶ月のスピード復帰しています」(週刊誌記者)

ちなみに当時、井上には「飲酒運転していたから逃亡したのでは?」との疑いも上がっていた。
解決済みの事件のように語る井上だが、これに納得してない視聴者も多いのではないだろうか。
だが、道交法違反の過去を他人事のように語っているのは、井上だけではない。

坂上忍(51)も7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で吉澤に対して、「容疑者って言わないといけないのか」「パニックになっちゃったのかな」と語っているが、
自身は95年1月に酩酊運転で電信柱に衝突、しかもその後、パトカーと20分にわたるカーチェイスを繰り広げている。
同番組では「あおり運転」の特集時に坂上は「ボクも若い時はカチンときて『何だこのヤロウ!』
とかって運転しちゃった時もあった」などと語っているが、今回は過去に触れることはなかった。

また昨年5月、酒気帯び運転で逮捕されたガリガリガリクソン(32)もTwitterでフォロワーの「吉澤ひとみさんへ、一言ください!」とのコメントをリツイートし、
「私にコメントを求めるということはお金が発生しますが、一言というと何文字でしょう?一文字1万円からなのですが。」とネタにしており、反省の色が見られなかった。

喉元すぎればなんとやら……。謝罪会見の時はカメラの前で涙を見せる芸能人たちだが、実際のところ全く懲りてはいないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1518555/
2018.09.10 07:07 デイリーニュースオンライン


【【炎上】お前が言うな!ノンスタ井上、吉澤ひとみの逮捕に「ファンとして残念…」と”他人事コメント”で批判殺到】の続きを読む