ザ・芸能ニュース

ザ・芸能ニュースは、芸能人・アスリートの気になる話題をまとめたブログです。

    カテゴリ: 芸能


    【悲報】人気Youtuber・ヒカキンさん、ついに「しゃべくり007」に出るwwwww


    HIKAKIN (ヒカキンからのリダイレクト)
    HIKAKIN(ヒカキン、1989年4月21日 - )は、日本のYouTuber、ヒューマンビートボクサーである。UUUMファウンダー、最高顧問。 1989年4月21日、新潟県新井市(現:妙高市)で次男として生まれる。小さい頃は、教室のすみっこにいるちょっと変わった少年だったという。雪の多い上越地方
    36キロバイト (4,127 語) - 2018年10月7日 (日) 04:28

    no title


    Youtuberが地上波に出ると一気に遠い存在に感じるwww

    【【悲報】人気Youtuber・ヒカキンさん、ついに「しゃべくり007」に出るwwwww】の続きを読む


    元カリスマホストの城咲仁 現在は料理の世界で活躍
    元カリスマホストの城咲仁 現在は料理の世界で活躍  livedoor
    (出典:livedoor)


    (しろさき じん、1977年9月23日 - )は、日本のタレント、ラジオパーソナリティ。本名、岡山 純一(おかやま じゅんいち)。 東京都板橋区大山町出身。サンミュージック所属。元ホスト。未婚。 新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」において5年間No
    14キロバイト (1,780 語) - 2018年9月8日 (土) 06:55



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    見事に転身したのかwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/08(月) 14:48:56.59

    No.1ホストと聞いて思い浮かべる人も多いだろう、城咲仁。
    城咲は新宿・歌舞伎町にある老舗ホストクラブ「クラブ愛」でなんと5年もの間、No. 1を務めていたホストだ。
    2005年にはカリスマホストという経歴を生かして芸能界デビューを果たせば、
    ホスト時代の裏話やホストならではのモテテク、さらには、ホストの命とも言えるシャンパンコールなどを披露して、バラエティ番組に引っ張りだこだった。

    「デビュー当時はホストネタを話せば盛り上がり、多くの需要がありました。しかし、ホスト時代のネタが飽きられた頃、他の引き出しを持っていなかったんですよね。
    個性は強いのに面白い話しができず、かといっていいリアクションがとれる訳ではない。2007年頃にはテレビの仕事が激減し始めました」(芸能記者)

    現在は、ほとんどテレビで見かけることのない城咲。彼は今、一体何をしているのだろうか。

    「実は城咲さんは、以前から料理好きとして知られており、今は料理の世界で活躍していますよ。
    これまでに雑穀マイスターや薬膳インストラクター、ジュニア・スーパーフードマイスターの資格を取得し、料理本を出版しています。
    また、フードアドバイザーとして通販番組に出演することもあり、城咲さんが紹介した商品の売り上げはかなり好調のようです。
    ただ紹介するだけではなく、商品の使い方を細かく説明したり、資格取得者ならではの意見も盛り込める。かなり評判がいいですよ」(前出・同)

    また、自身がプロデュースする商品も生み出している。

    「城咲さんの実家は中華料理屋さんで、その影響もあり料理が好きになったようですが、そこで使っていた秘伝のタレを改良して販売しています。
    他にも美容ドリンクや栄養バーなどの開発にも携わり、それらも自身が出演する通販番組で紹介していますよ。放送後、すぐに売り切れになる商品も多いんです」(前出・同)

    ブログでは最近、新宿にあるスペイン料理店で「統括マネージャーになり、コンサルティングをしています」と報告していた城咲。
    レセプションパーティーには多くの芸能人も駆けつけていたが、芸能人との繋がりもキープしつつ、食の道で成功を収めているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536001/
    2018.10.08 12:20 リアルライブ


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 benefitgreen.net)


    【【転身】元カリスマホスト・城咲仁、現在は食のカリスマに…???】の続きを読む


    カンテレ「やしきたかじん誕生物語」を11月放送 主役は駿河太郎
    カンテレ「やしきたかじん誕生物語」を11月放送 主役は駿河太郎  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    I.S)代表取締役、大阪を盛り上げるために発足された民間団体「OSAKAあかるクラブ」のキャプテン および理事長 などを歴任した。 死去後、やしきたかじんの肖像などの権利関係はP.I.SとOffice TAKAJINが主張している状態である。 大阪市立成南中学校卒業。桃山学院高等学校在学
    128キロバイト (17,356 語) - 2018年9月6日 (木) 15:47



    (出典 www.sankei.com)


    言うほど豪華でもないwww

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/04(木) 15:48:59.63

    カンテレ開局60周年特別番組「なめとんか やしきたかじん誕生物語」(11月20日午後7時、関西ローカル)にタレントの山口智充(49)、
    俳優の西村和彦(52)、漫才コンビ、NON STYLEの石田明(38)らが出演することが4日、同局から発表された。

    俳優、駿河太郎(40)がやしきたかじんさん(享年64)にふんし、平成30年度文化庁芸術祭に参加の決まった2時間ドラマ。“関西の視聴率男”ゆかりの面々が結集する。

    たかじんさんのものまねをしていた山口は、大学時代のバイト先オーナーで、祇園のクラブでの弾き語りを斡旋(あっせん)するなど父親のように見守る恩人、佐々木役。
    「写真を見るとオールバックで、太陽のように明るく豪快で、面倒見もよい人物。自分的には入りやすかった」という。

    祇園の行きつけのバーでよく一緒になった西村は、歌の才能を見いだし、レコードデビューさせたキングレコード社員をモデルにした竹中役。

    「非常に優しい人勉強家。飲んで騒いでいるときも、ふとしたときに素に戻って寂しそうな目をした、そのギャップが印象的」と振り返り、
    「お世話になった人で、ちょっとでもいいから出たい人はたくさんいると思う。呼んでいただいた幸せをかみしめ、下手打たんように頑張らなあかん」と熱く語った。

    高校時代の親友で、歌詞を提供する作詞家、山崎役の石田は、たかじんさんの番組の前説をやっていたそう。

    「約17、18年前、楽屋にあいさつに行ったら、シャンパンやワインがテーブルに広がってて、『うわっ! これが芸能界か』ってびっくりした。
    せりふで『たかじん!』って呼ぶところは油断すると『たかじんさん』って言うてまう」と苦笑。

    ほかにもラジオ局プロデューサー役で桂ざこば(71)、ホステス役で村川絵梨(30)、三船美佳(36)が出演。
    オール巨人(66)、大平サブロー(62)、秋野暢子(61)、トミーズ健(59)、遙洋子(年齢非公表)、TKO木本武宏(47)、
    月亭八光(41)、安田大サーカスの団長安田(44)、オーケイの岡山祐児(45)ら、たかじんさんに縁のある人物が多く登場する。

    主演の駿河は「本当に1シーンとか2シーンだけでこんな人らが出てきてくれんねんやっていうようなことになってる。
    そこにいられることが僕は幸せ。たかじんさんのことが好きやった視聴者の方も楽しめる作品になるのでは」とPRした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15398653/
    2018年10月4日 14時54分 サンケイスポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)

    大学生のやしきたかじん(駿河太郎)の相談相手となるバイト先のオーナー佐々木(山口智充)


    (出典 image.middle-edge.jp)



    (出典 Youtube)

    やっぱ好きやねん


    (出典 Youtube)

    やしきたかじん 東京(歌詞付き)
    視聴回数 6,632,798 回


    【【朗報】キャストが豪華すぎるやろwwww『なめとんか やしきたかじん誕生物語』】の続きを読む


    自身のADHDを語る勝間和代氏 飾らない態度に称賛の声相次ぐ
    自身のADHDを語る勝間和代氏 飾らない態度に称賛の声相次ぐ  livedoor
    (出典:livedoor)


    注意欠陥・多動性障害 (ADHDからのリダイレクト)
    注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: Attention-deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性(過活動)や衝動性、また不注意を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である。こうした症状は教室内で最年少だとか、正常な者、他の精
    108キロバイト (15,020 語) - 2018年9月11日 (火) 12:24



    (出典 grapefruitmoon.info)


    ADHDって初めて聞いたわwww

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/09/28(金) 22:14:15.26

    2018.9.28
    https://news.careerconnection.jp/?p=60176&page=2

    (出典 news.careerconnection.jp)


    その話題になったのは、勝間さんの経歴を話しているときだ。働きながら3人のお子さんを育ててきたワーキングマザーでもある勝間さん。大学3年生の時には会計士の資格を持っていたので、学生でありながら会計事務所で働いていた。「単位はほとんどとってしまっていたのであまり学校に行かなくてもよかった」と語る。

    学生兼会社員である21歳のとき、「何も考えずに」長女を出産したという。勤務先の会計事務所に子どもが生またことを報告すると、開口一番「おめでとう!」と言われたまでは良かったが、「いつからパートになる?」と聞かれた。

    今でこそ働きながら子供を育てるのは当たり前だが、当時は「子どもを持って正社員という人はほとんどいなかった」と語る勝間さん。一旦態度を保留し、大学のゼミの教授に「残業も出張もなく、パートではなく定時で帰れる会計士事務所」を紹介してもらった。柔軟な働き方ができる日本企業はほとんどなく、外資系の企業だった。

    ただ、半年か1年務めたころ、勝間さんは「仕事が向いていない」ことに気づく。

    「私は会計士に向いていなかったんですね。細かいことがすごく苦手なので、人の帳簿や書類を調べるのは向いていなかった」
    「私 ADHD という発達障害の一種を持っていて、この(早口の)喋り方もそうなんですが、拡散系で物事を広く考えることが得意なんですね」

    そのため、自分から「コンサルティングの部署に移してもらった」そうだ。コンサルティングなら新しいアイデアを持っていれば時短でもある程度優遇される。無理に合わせるのではなく、自分の特性を認識して仕事のほうを変えたのだ。

    ■ 適職を選べば能力を発揮できることを自然に体現

    しかしそうして変えてもらったコンサルティングの部署だが、その後不況でなくなってしまう。それでも勝間さんは次に金融系に入り、金融と経済に強くなった。中途で入ったコンサルティング会社では自ら研修プログラム立ち上げるなど、その都度自分で居場所を確保し、活躍している。

    発達障害といってもモデルの栗原類さんが告白したADD(注意欠陥障害)など、診断名も様々あり、特徴は人それぞれだ。程度の差はあれ、周囲に理解されないと、なんらかの「生きづらさ」を抱えることにもなる。

    しかし勝間さんの話は、発達障害であることはハンデというよりも「特性」であり、適職を選べば能力を発揮できることを自然に教えてくれていて、同じADHDや発達障害の人たちを大いに励ましたようだ。自身も生きづらさや葛藤を抱える部分があるだろうが、それにはまったく触れず、こともなげに自身の特性を語る様子は清々しかった。

    博多大吉さんは、「自分でそうやって切り開いて行かれたんですね」「先見の明がありますよね」と感嘆したが、勝間さんは「私の先見の明じゃなくて、たまたまそこにいられなくなっちゃったので。伸びてるところが雇ってくれたんです」と応じた。

    能力が無ければ雇ってもらえないので謙遜だなあと思う。しかしまったく嫌味には感じない。勝間さんの魅力が存分に味わえる回だった。


    【勝間和代、自身の発達障害「ADHD」と特性を語るwww】の続きを読む


    テレ朝の松尾由美子アナ結婚
    テレ朝の松尾由美子アナ結婚  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    松尾 由美子(まつお ゆみこ、1979年8月9日 - )は、テレビ朝日の女性アナウンサー。 宮崎県宮崎市出身。身長155.8cm。宮崎県立宮崎西高等学校、慶應義塾大学総合政策学部卒業。 テレビ朝日が創設したアナウンサー等養成機関テレビ朝日アスクの第2期卒業生であり、アナウンサー採用試験はキー局
    38キロバイト (4,918 語) - 2018年9月27日 (木) 22:53



    (出典 i.daily.jp)


    おめでとうございます。

    1 湛然 ★ :2018/09/28(金) 05:02:40.07

    9/28(金) 5:00 スポニチアネックス
    テレ朝 松尾由美子アナ 年下指揮者の川瀬賢太郎氏と結婚「家庭内のハーモニーを大切に」

     テレビ朝日「グッド!モーニグ」(月~金前4・55)のキャスターを務める松尾由美子アナ(39)が、指揮者の川瀬賢太郎氏(33)と結婚した。同局によると今月、婚姻届を提出。挙式、披露宴は未定という。

     2002年4月入社。東日本大震災の被災現場を積極的に取材するなど、報道畑を歩んだアナウンサーで「題名のない音楽会」のアシスタントも務めている。2016年7月、川瀬氏が受賞した「出光音楽賞」の授賞式で松尾アナが司会を務めたことから知り合い昨年8月から交際していた。今後も仕事を続け、担当番組の変更はないという。「お互い支え合い家庭内のハーモニーを大切にして、これまで以上に仕事に精進していきたい」などとコメントした。川瀬氏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者などを務めている。


    テレビ朝日の松尾由美子アナ

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000000-spnannex-ent


    【【結婚】テレ朝・松尾由美子アナ、年下指揮者の川瀬賢太郎氏と結婚!!!!「家庭内のハーモニーを大切に」】の続きを読む

    このページのトップヘ