ザ・芸能ニュース

ザ・芸能ニュースは、芸能人・アスリートの気になる話題をまとめたブログです。

    カテゴリ: 女子アナ


    水卜麻美アナ、スタイリストに飛ばした「黄色は絶対NG!」指令 - 日刊大衆
    水卜麻美アナ、スタイリストに飛ばした「黄色は絶対NG!」指令  日刊大衆

    日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)といえば、『幸せ!ボンビーガール』や『有吉ゼミ』などのバラエティ番組の他、朝の情報番組『スッキリ』などでも大活躍する女性 ...


    (出典:日刊大衆)


    麻美(みうら あさみ、1987年4月10日 - )は、日本テレビの女性アナウンサー。 千葉県市川市出身。身長158cm。左利き。渋谷教育学園幕張高等学校、慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業。2010年入社。 オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」では、第10回(2013年)から第1
    14キロバイト (1,722 語) - 2018年10月25日 (木) 21:55



    (出典 image.news.livedoor.com)


    みとちゃんはデブじゃない、ぽっちゃり

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/13(木) 08:12:42.74

    日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)といえば、『幸せ!ボンビーガール』や『有吉ゼミ』などのバラエティ番組の他、朝の情報番組『スッキリ』などでも大活躍する女性アナウンサー。

    明るいキャラクターで視聴者人気も高く、『週刊文春』(文藝春秋)恒例のアンケート企画「アナウンサー好感度ランキング」での「好きな女子アナ」部門で今年V5を達成。
    日本テレビのエース女子アナの座を不動のものにしている。

    「水卜アナといえば、言わずと知れた『ヒルナンデス!』の食レポロケでの食べっぷりが受け、一気に好感度を上げたアナウンサー。
    ですが、ここ最近はふっくらした体型をいじられるのを不満に思っているためか、担当スタイリストに“膨張色を使うのはやめて”と要請しているようなんです。
    “特に黄色は絶対ダメ”だそうで、“なるべく黒い衣装を用意してほしい”とリクエストがあったとか。

    『スッキリ』の一部のスタッフからは“朝の番組なのでもう少し爽やかな色合いがいいのでは”といった声もあるようですが、水卜アナは極めて暗い色調の服を好んでいるようです」(制作会社関係者)

    メインキャスターの加藤浩次(49)がスーツ姿のため、合わせるということもあるのか、『スッキリ』ではバラエティ番組に比べ重い色の衣装を着ていることが多い水卜麻美アナ。
    12月4日の放送ではグレーのワンピースを着用し、5日の放送では黒色のシャツに深いグレーのロングスカートを着用。
    16日の放送ではグレーのシャツにまだらな模様のあるグレーのスカート姿で、7日の放送では、薄紫色のニットにチェック柄のガウチョパンツをはいていた。
    10日の放送では、月曜日らしくシャツこそ真っ白な爽やかなものだったが、黒色のスカートを着用。11日の放送ではチャコールグレーのカットソーに薄いグレーのスカートを合わせていた。

    「もともと地味な服装が目立つ水卜アナですが、『スッキリ』では如実に暗い。ほぼほぼグレーなんですよね。
    さらに最近ではスタイリストだけでなく、カメラマンに対しても注文が多いようで、“太って見えるからこの角度ではなるべく撮らないで”ともリクエストしたとか。
    今、自分のスタイルに関してかなり気にしているみたいです」(前出の制作会社関係者)

    大食いキャラで売ってきたミトちゃんも、やっぱりキレイに見られたいですよね!

    http://dailynewsonline.jp/article/1608517/
    2018.12.13 07:10 日刊大衆


    【【衝撃】デブに黄色は厳禁!?水卜麻美アナ、スタイリストに飛ばした「黄色は絶対NG!」指令】の続きを読む


    「脊山麻理子」アナ38歳のSM写真集 東大名誉教授の父は何を思う 「脊山麻理子」アナ38歳のSM写真集 東大名誉教授の父は何を思う
    本業よりグラビアに精を出す脊山麻理子アナを「ビキニではしゃぐ34歳」と本誌(「週刊新潮」)が取り上げてから早4年。よもや「緊縛と女王様に初挑戦する3…
    (出典:エンタメ総合(デイリー新潮))


    麻理子(せやま まりこ、1980年4月8日 - )は、フリーアナウンサー。元日本テレビアナウンサー。父親は医師で東京大学医学部名誉教授、お茶の水女子大学名誉教授の脊山洋右。身長:165cm。スリーサイズ:B84cm,W57cm,H84cm。シューズ:S23.5cm。
    18キロバイト (2,069 語) - 2018年12月4日 (火) 07:39



    (出典 news.walkerplus.com)


    なんとも思わない。

    1 Egg ★ :2018/12/12(水) 06:16:53.48

    「崖っぷち」の向こう側
     本業よりグラビアに精を出す脊山麻理子アナを「ビキニではしゃぐ34歳」と本誌(「週刊新潮」)が取り上げてから早4年。よもや「緊縛と女王様に初挑戦する38歳」に行き着くとは思いもよらなかった。さて、元「局アナ」らしからぬ豪快な脱ぎっぷりで耳目を集める愛娘について、東大名誉教授の父は何を思っているのか。

     ***

     11月11日に写真集『S』と『M』の2冊を同時発売し、特注のボンデージファッションに身を包んで記念イベントに登場した脊山アナ。お気に入りのショットを尋ねられると、右手で股間を隠すあられもない写真を示しながら、

    「よく手ブラとかありますけど、これは手パンツ! ブラはしてるけどパンツは穿いてない。新しいエロの形を提案してみました!」

     従来の女子アナのイメージからは大きくハミ出したコメントである。そもそも、マイクを握る手で股間を隠すのは、アナウンサーとして如何なものか……。

    「完全に迷走してますよね。年齢を考えても写真集が大当たりするワケがない」

     芸能担当記者は手厳しい。

     慶応大学を卒業し、04年に日テレに入社した彼女だが、6年後の10年2月には退職。フリーアナに転身したものの、

    「いまのところ、彼女がキャスターやMCを務める番組は皆無です。たまに『ニュース女子』に出演しても、グラビアアイドルとひな壇に並ぶだけ。これまで、キワどい水着写真集やイメージDVDを出したり、プロレスの試合にも出場してきましたが、それもこれも“本業”でお呼びがかからないことが原因です」(同)

     日テレ時代の同僚はこう証言する。

    「入社直後はうまく言えなかった“サ行”の発音を訓練して習得するなど、負けず嫌いで努力家な面もある。ただ、アナウンス部からコンテンツ事業局に飛ばされると、あっさり会社を辞めてしまった。わがままで気ままなお嬢様気質という印象は否めませんね」

    「独立した大人なので」

     とはいえ、その育ちの良さを知れば「お嬢様気質」にも納得できることだろう。

     何しろ、彼女の父親は医学博士の脊山洋右氏。東京大学とお茶の水女子大で名誉教授の肩書を持ち、日本栄養・食糧学会賞をはじめ数々の受賞歴を持つ人物である。そんな父上に、最近のご息女の仕事ぶりについて尋ねてみると、

    「娘はもう独立した大人ですから、特にコメントすることはありません」

     意外や、親子仲は良好なようで、彼女のインスタにはたびたびご両親が登場する。家族との写真が、麻縄で緊縛された脊山アナの写真と並んでいるのには違和感を禁じ得ないけれど。

     他方、こんな声も。学究肌の父を持ちながら、

    「彼女には知的な雰囲気がない。そこがフリーの女子アナとして大成しない最大の理由だと思います」

     とは女子アナウォッチャーの上杉純也氏である。

    「“元日テレ”の看板に、知的なイメージが加わればニュース番組にも抜擢されるだろうし、そのギャップでSM写真集も売れたはず。アナウンサーではありませんが、たとえば壇蜜は知性を感じさせるので、緊縛やヌードの写真集を出しても女性ファンがついてくる」

     アラフォーの女子アナに必要なのは「痴的」な言動ではなく、父親譲りの「知的」なイメージなのだ。

    12/12(水) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00552968-shincho-ent

    写真
    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【【画像あり】エロババア・脊山麻理子(38)のSM写真集発売! 東大名誉教授の父は何を思う】の続きを読む


    田中みな実、彼氏に求められれば「水着で家にいます」 田中みな実、彼氏に求められれば「水着で家にいます」
    フリーアナウンサーでタレントの田中みな実(32)が、7日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演。彼氏に求められれば水着で…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))


    田中 みな(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は、日本の、女性フリーアナウンサー・タレント。元TBSアナウンサー。 1986年11月23日(午前10時54分)に、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にて出生、出身は「埼玉県朝霞市」である。 アメリカ合衆国にて出生したのでミドルネー
    22キロバイト (2,829 語) - 2018年12月4日 (火) 11:24



    (出典 static-maquia.hpplus.jp)


    彼氏に求められれば…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/08(土) 10:30:46.34

    フリーアナウンサーでタレントの田中みな実(32)が、7日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演。
    彼氏に求められれば水着で家にいることを打ち明けた。

    この日の人気コーナー「本音でハシゴ酒」のゲストは女優・秋吉久美子(64)。
    秋吉が「自宅では全裸で過ごす」と話すと、飲み仲間ゲストとして出演した田中も「分かります。私は水着なんですけど」と同意した。

    田中は「展示会で水着を注文したんだけど、着る機会がなかった」と話し、「水着がもったいないなと思って、家で着るようになりました。
    そしたら以外とボディーラインのチェックになるなと思って、夏はそれで過ごすことがありました」と振り返った。

    ダウンタウン・松本人志(55)から「家に彼氏が来たりするわけでしょ?」と聞かれると、田中は「彼が求めればやりますけど…」と返答。
    すると坂上忍(51)が「本当に? (彼氏が)『水着でいて』って言ったら水着でいるの?」と驚いたが、田中は「なんでもします」と言い切った。

    秋吉が「向かうところ敵なしですね。こんな女の人にはかなわない」と感心すると、坂上は「全裸の人が言っても」と一同を笑わせた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15710074/
    2018年12月8日 10時1分 スポーツ報知


    (出典 geinoutomoking.com)


    【【衝撃】田中みな実が水着でお出迎え!?】の続きを読む


    なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到中 なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到中
    元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナ(43)を迎え、10月から新たなスタートを切ったテレ朝の看板番組『報道ステーション』。「今テレ朝内では、『報ス…
    (出典:エンタメ総合(SmartFLASH))


    徳永 (とくなが ゆみ、1975年8月14日 - )は、日本のフリーアナウンサー、スポーツライター、元テレビ朝日アナウンサー。現姓:内村。夫はお笑いタレントの内村光良。身長169㎝。 石川県金沢市出身。神奈川県立荏田高等学校入学後、高校2年生時に石川県立金沢女子高等学校へ転校した。大妻女子大学
    8キロバイト (901 語) - 2018年12月5日 (水) 13:43



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    不倫したやつがニュースを報道するから面白い

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/07(金) 08:13:59.76

    元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナ(43)を迎え、10月から新たなスタートを切ったテレ朝の看板番組『報道ステーション』。

    「今テレ朝内では、『報ステ』は禁句になっている。数字が芳しくなく、なぜ徳永さんを起用したのか、という声がある。
    でも、早河(洋)会長直々の抜擢だから、何も言えない雰囲気がある」(テレ朝関係者)

    2カ月が経過した現在、視聴率が伸び悩んでいるばかりか、徳永アナに対する視聴者からの苦情が絶えない。

    「11月の平均視聴率は10パーセント台です。報ステの前枠で高視聴率の『相棒』と『リーガルV』が放送される、
    水曜と木曜の視聴率はなんとか2桁台に乗せますが、それ以外は1桁台の日も珍しくない。
    古舘(伊知郎)さんの時代には、なかったことです」(テレ朝局員)

    テレ朝の視聴者センターにはこんな意見が届いていた。

    〈不倫して辞めた人がなぜ戻ってこられるのか。(他人の)不倫ニュースがあったらどう報じるのか。(60代女性)〉

    〈あの方はよく噛むし、進行が下手。とても聞き苦しく感じます。(60代男性)〉

    〈徳永さんはただの主婦が出ている感じ。政治に詳しい人に出てほしい。(70代女性)〉

    別のテレ朝関係者が続ける。

    「報道・情報番組全体に寄せられる視聴者の意見は、多い日で1日150件前後。これまでの『報ステ』には、出演者のコメントやVTRの内容に対する批判が多かった。

    ですが、徳永さんの起用後、彼女の不倫問題や資質にネガティブな意見がほぼ毎日寄せられている。
    とても珍しい事態なんです」

    徳永アナといえば、2003年に内村光良(54)との不倫騒動が発覚し、担当していた番組を降板。
    2004年に『報ステ』のスポーツ担当キャスターを務めたものの、2005年に内村との結婚を選び、退社している。

    苦情が絶えないことについて、本誌はテレ朝に問い合わせると、真っ向から否定した。

    「苦情が殺到しているという事実はまったくありません。
    (平均視聴率は)2017年の同じ時期と比較しても上回った数字となっています」(テレビ朝日広報部)

    さて、当の徳永アナはどう感じているのか。
    11月28日、彼女を直撃した。

    「まだ始めたばかりなので、私自身は数字を気にしても、という感じです。今は楽しくさせていただいてます。
    いろんなご意見があるのは承知のうえで、そのことも覚悟して頑張って、向き合っていきたいなと思っています」

    気丈に、暗雲に立ち向かっていた。

    (週刊FLASH 2018年12月18日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010000-flash-ent
    12/7(金) 6:03配信


    【【悲報】なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到中wwwww】の続きを読む


    小林麻耶さん夫妻 互いにSNSでラブラブ2ショットを連続公開 小林麻耶さん夫妻 互いにSNSでラブラブ2ショットを連続公開
    今年7月24日に4歳年下の一般男性と結婚した元フリーアナウンサーの小林麻耶さん(39)がブログやインスタグラムで夫とのラブラブ写真を連続投稿して話題…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    小林 麻耶(こばやし まや、1979年7月12日 - )は、日本のアナウンサー(TBS→フリー)、キャスターとして2003年から2018年までに活動していた人物。新潟県小千谷市出身。身長157cm。血液型A型。セント・フォースに所属していた。 妹はタレントの小林麻央。
    41キロバイト (5,473 語) - 2018年11月1日 (木) 11:51



    (出典 gentle-breeze.org)


    一般人でもファンがいるのかww

    1 ひかり ★ :2018/12/02(日) 17:21:00.63

     元フリーアナウンサーの小林麻耶さんが12月2日、夫で整体師の國光吟(あきら)さんとの新婚旅行ショットをInstagramで公開。顔立ちがよく似た
    夫婦ショットにファンからは、「そっくりでビックリ!」「お顔も雰囲気も似てますね」など驚きの声が上がっています。

     新婚旅行でハワイを訪れている小林さんは、美しい海をバックに國光さんと腕を絡めたラブラブ2ショットをアップ。先日は“交際0日婚”であることを
    明かしていた小林さんですが、笑ったときの目の形や柔和な雰囲気など2人には似た部分が多く、すでに長年寄り添ってきたかのような安心感すら漂う
    夫婦ショットとなっています。

     小林さんが夫婦ショットを披露するのは2度目ですが、國光さんの顔がはっきりと分かる写真は今回が初めて。ここ1週間は新婚旅行を存分に
    楽しんでいることがうかがえる投稿が多く、國光さんも「#新婚旅行」のハッシュタグとともに、色違いのペアルックを着た2ショットや、ぎゅっと
    手をつないだ幸せいっぱいの1枚をInstagramにアップしていました。付き合いたての恋人みたいだ。

     ファンからは、「麻耶ちゃんとお顔が似てる」「ここまで雰囲気も作りも似てるなんて!」「そっくりすぎて驚きと、運命を感じました!」
    「本当にそっくりなご夫婦ですね」など2人の似たもの夫婦っぷりに反響が続々。「幸せそうで嬉しいです」「なんだか涙が出てきました。
    麻耶さんが幸せそうで」「ずっとラブラブでいてね」など、苦労も多かった小林さんの幸せを心から喜ぶ声も多く上がっていました。

    ねとらぼ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000023-it_nlab-ent
    雰囲気がそっくりな夫婦ショット(画像は小林麻耶Instagramから)

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    國光さんがアップしたペアルック2ショット(画像は國光吟Instagramから)

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【画像】小林麻耶、旦那とそっくりすぎ!!超ラブラブな“似たもの夫婦”ショット公開にファン驚きwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ