花形だったフジの月9が失墜した本当の理由「男女関係の絶望」とは - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
平成前期のドラマは、皆が憧れた“王道ラブストーリー”から始まったものの、バブルがはじけ景気が急降下すると、作品にも不況や心の不安が表れるように。流行ったドラマ ...
(出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])


9(げつく、げっく)は、毎週月曜日21時(夜9時)に放送される(された)ドラマ枠。 『9』とは『月曜9時』の略で、この時間枠のテレビドラマのこと。 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ(フジテレビ、1962年 - ) TBS月曜9時枠の連続ドラマ(TBSテレビ、1987年 - 1989年) ファミリー劇場(日本テレビ、1970年
2キロバイト (228 語) - 2018年5月2日 (水) 12:28



(出典 dorama9.com)


花男とかみたいなのやれよ

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/21(木) 23:48:08.53

「平成の前半に当たる'90年代、ドラマといえばフジテレビ、もしくは月9と言われてきました」

かつての主人公は「お金をかけながら恋愛していた」

そう話すのは、元テレビプロデューサーで上智大学の碓井広義教授。当時は『101回目のプロポーズ』『東京ラブストーリー』(ともに'91年)など、タイトルどおりの恋愛ドラマが花盛り。同志社女子大学メディア創造学科の影山貴彦教授は、

「まだバブルの時代。ヒロインは20歳そこそこのOLなのに、都心部の高級マンションに住み、華やかな生活を送っていた。
の時代なら違和感、嫌悪感を持たれるはずですが、当時はみんなが憧れの眼差しで見ていました」

と指摘。人々がシンプルなものをストレートに享受していたと話す。

「あのころのドラマの主人公は“いつ仕事してるの?”というくらい、恋愛に時間とエネルギーを注いでいました。ドラマ内外の誰もが心や懐に余裕があって、見栄を張ったり、背伸びをしたり。
お金をかけながら恋愛をしていました。それができた時代でしたね」(碓井教授、以下同)

しかし、'91年にバブルがはじけ景気は急降下、日本経済は暗転する。

「ただ、一般の人の生活に影響が出るまでにはタイムラグがあった。不況がドラマにわかりやすく表れるようになった作品といえば『家なき子』('94年、日テレ土9)でしょう」

小学生だった安達祐実が叫ぶ“同情するなら金をくれ”は、流行語に。

「『ひとつ屋根の下』('93年、フジ月9)にしろ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』('94年、TBS金10)にしろ、苦みがあって、ゲラゲラ笑って見られるような作品ではない。
恋愛ドラマも『愛していると言ってくれ』('95年、TBS金10)『星の金貨』('95年、日テレ水10)など、明るく元気な恋愛ではありません」

常識や概念が変わっていった

ヒット作には、フジテレビの月9だけでなく、TBSや日本テレビが違う角度からアプローチした作品も混ざるように。主要ドラマはほぼ視聴しているというライターの吉田潮さんは、こう分析する。

「平成前期のテーマは“男女関係の絶望”じゃないですか? 恋人や夫婦間のもろさ、結婚したからといって必ずしも幸せにならないというメッセージ性のある作品が目立ちます。
不倫ブームの火つけ役は『失楽園』('97年、日テレ月10)。意欲作、問題作も多く'93年なんて『悪魔のKISS』(フジ水9)『高校教師』(TBS金10)『誰にも言えない』(TBS金10)『同窓会』(日テレ水10)。もう、カオスですよ(笑)」

'95年には阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件という歴史的な出来事が相次いで発生。

「科学技術では抑えられない自然の脅威。人間がやるはずがないことを、実際にやったという恐ろしさ。常識や概念がひっくり返り、日本人の意識下をじわじわと変えていったんです」(碓井教授、以下同)

だが、フジの月9は変わらず『ラブジェネレーション』('97)のような恋愛ドラマを量産し続ける。

「視聴者は明るい月9の恋愛ドラマを、もう『東京ラブストーリー』のころと同じ気持ちでは見られなくなっていたはず。実際、習慣や惰性で見ていたのでは? 
しかしフジは“まだ行ける”と突き進み、時代の空気とズレてしまった。そこが成功体験の怖さであり、フジのドラマが最盛期から下っていった背景だと思います」

http://news.livedoor.com/article/detail/16195886/
2019年3月21日 21時0分 週刊女性PRIME





22 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:09:17.69

>>1
「嫌なら見るな」

これがトドメだった


44 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 01:00:19.46

>>1
歌にしろドラマにしろ内容に恋愛が多いのはカバーできる対象の範囲が広いからだろうけど恋愛ネタなんか興味無いやつも多いよな
実際身の回りを眺めても積極的に恋したいなんてやつの方が少ないし平均すると人生の中で恋愛が占める割合が高い時間は2割も無いんじゃないか


95 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:59:47.24

>>1
韓国をゴリ押しするからだろ!
馬鹿!


4 名無しさん@恐縮です :2019/03/21(木) 23:51:41.49

ホラレモンが買収してたら男男関係で
男の娘をめぐるドマラのメスイキになってたはずといいつつタイプミス


12 名無しさん@恐縮です :2019/03/21(木) 23:58:22.82

>>4
買収成功してたらメスイキは未経験のままでは?


5 名無しさん@恐縮です :2019/03/21(木) 23:52:01.90

日本人に見放されたから


8 名無しさん@恐縮です :2019/03/21(木) 23:53:49.12

恋愛ドラマ自体がもう時代遅れなのが未だに理解できてないのかなと
テレ朝が刑事ドラマばかりで安定してるのはそういう事だろ?


19 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:06:30.78

>>8
ジジババしかテレビ見てないのも大きいかも


16 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:04:23.12

当時の人気作を今現在見ても面白いのがどのくらいあるのか


17 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:06:02.32

>>16
再放送で観た東京ラブストーリーは死ぬほど面白くなかった。
お金がないや振り返れば奴がいるは面白かった。


75 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 02:41:09.09

>>17
自分は面白かったな。やっぱり一世を風靡したドラマは良く出来たもんだと思う
最近のドラマは45分ぐらい見てて長いなと感じる事も多々あるんだが
東ラブは「え?もう45分経った?」って感じだったもんな。魅せてくれるね

ただやっぱり時代背景は完全に当時のもので時代がかってるので今時の子が初めて見ても
まずピンと来ないだろうな とは思う。例えば携帯電話があったら成り立たない話だもんねw


25 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:12:25.21

新木優子主演で『マリア様が見てる!』科学捜査で事件の真相を解明するストーリーな。新木優子の役名はエル。


(出典 ginzamag.com)


38 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:34:47.68

>>25
>>31
また同じいつものアホが捏造書いているのかw
ワロタw

新木優子は幸福の科学信者では無いわな

>新木優子は一昨年の年末に出た女性誌non-noのインタビューでも大学時代の話の流れで、「私は幸福の科学信者ではない」と語っている。
新木優子はキリスト教大学のフェリス女学院卒で、
その大学を選択したのも、親の宗教の幸福科学は選ばず自分のことは自分で決めると語っていた。
キリスト教の講義を受け、チャペルで礼拝することを日課としていたとのこと。


32 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:23:37.51

アホなP「アニメで流行ってるから次は異世界転生もの!」


42 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:44:26.24

>>32
わかりました!
つ幕末高校生


50 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 01:34:23.37

>>32
小栗旬が信長になるとかいいと思う


57 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 02:02:05.89

>>32
異世界転生はラノベで流行ってるだけでアニメは微妙なのばっかりだぞ


37 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:29:43.65

少子化だからしょうがない、若者がテレビ見てないから邦画は高校生千円映画連発してるやん


41 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 00:43:39.25

>>37
そもそも若者向けのドラマは日テレが作ってて、今期やった3年A組は視聴率良かった。
フジは今は若者向けドラマは作ってないな。


80 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:04:17.57

>>41
3年A組はTVが若者にウケてないのはクオリティの問題じゃなくて
単純にニーズを掴めてないんだって事を教えてくれたな


48 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 01:08:06.58

親の決めた相手や見合いは時代遅れで
本当に好きな人と大恋愛して結ばれるのが幸せ

この洗脳を続けた結果、妥協できずに未婚者が続出して
自分たちの商売もうまくいかなくなったブーメラン


51 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 01:53:31.62

>>48
ていうか
普通のオジサンおばさんには恋愛能力はない
ってことを忘れて恋愛煽ったせいじゃね


87 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:30:17.14

>>51
無理矢理結婚しても不幸になるだけだから仕方ない
幸せな結婚=幸せな独身>>>1不幸な独身=不幸な結婚っていう、極々当たり前の事に気付いちゃった


53 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 01:59:16.83

>>48
格差社会の進行も相俟ってそういうかつての月9的な大恋愛の末の結婚なんて
一部の選ばれた人間だけのモノだとひしひしと実感しているのが今の日本って感じだよな。


89 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:34:01.56

>>48
そんな中変化球だったのが「お見合い結婚」ってドラマかな
従来の恋愛ドラマなどでは否定的にしか描かれてなかったお見合い結婚を良い風に描いた作品
まあこれもいわゆる普通の恋愛ドラマがすでに下火になって来てた時期のドラマだからあえて別路線を狙ったのだろうな


84 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:19:30.21

本当は事務所が力を持ち過ぎてテレビ局が役者を自由にキャスティング出来なくなったからだろ
だから日本のドラマは海外ではまるでヒットしない


85 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:22:18.44

>>84
もう大分前だが「のだめカンタービレ」をドラマ化する際最初局は
ジャニーズを主演にする企画をたててて原作者の元に持って行ったら
イメージが違うとダメ出しを食らいその結果現行のキャストになったのだと言う
結果として「のだめ」はとてもいいドラマとなった。こういうちゃんとダメだし出来る原作者は良いね


100 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 04:23:06.74

>>85
TBSで岡田准一主演・V6主題歌って話だろ
あれは岡田のキャスティングにNGというより、主題歌はクラシック音楽をという意向だった説も
そのわりにはアニメの主題歌はJポップだったのが謎だが


86 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:26:10.60

>>84
キャスティングで()ってのはあるな
その時点で観る気が失せる

Amazonprimeで外ドラばかり観てるが
deleやborderは日本のドラマでも観れた
特に高尚な何かがある訳ではないが
役者も演出も映像も楽しめるレベル
途中で『ハイハイもう分かりました』ってウンザリしがちな日本ドラマとは違ってたね

ゴールデンのドラマはスポンサーや芸能事務所とか
視聴者以外の方向を向いてんだと思う


91 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:44:50.48

大河「いだてん」のキャストのアニメみたいな演技なんとかしてほしい
漫画原作のドラマが増えたの原因かもしれないけど幼稚で見てられないよ
同じ日にやってる韓国ドラマのオクニョと比べると最近の日本の役者はちょっとヒドイ


92 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:45:49.58

>>91
まあクドカンのシナリオは良くも悪くも毎回そうだからw
評判が良かったIWGPやあまちゃんにしてもそうだったしな


93 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:46:37.14

いま役者と呼べる若手ひとりもいないよね


94 名無しさん@恐縮です :2019/03/22(金) 03:47:46.59

>>93
志田未来は本当に上手いと思うよ。「秘密」ってドラマで確信した